まずは自分の周囲を照らす一隅の灯となれ!やがて大きなあかりとなる。

著名人の言葉から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介


一隅の灯(いちぐうのひ)

天台宗の開祖・最澄(さいちょう)の言葉

自分自身のいる場所(家庭や職場)で黙々と努力し、
たとえ小さな灯であっても世間の一隅を照らすものこそ国の宝である。という教えです。
慈悲共生―一隅を照らす一灯であれ

なんだか勇気が湧いてきますよね!
小さな職場内、家庭でもOKです。まずは周りを照らしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする