小出監督の人生におけるメダルの価値とは?

マラソンのQちゃんこと、高橋尚子選手を育てた
小出監督に学ぶ、朝礼スピーチのネタを紹介します。

選手として
メダルを狙うことはもちろん大事だ
だが、メダルのために人生があるのではない
あくまでも人生のためにメダルがあるのだ

小出 義雄
マラソン監督


長く、選手生活を送っているとメダルをとることが
人生の目的のようになってしまうことがある。

しかし、スポーツ選手は競技人生よりもその後の人生の方が長いだろう

小出監督の場合
速く、長く、走り続けることだけを教えるのではなく

人生全体の歩み方を示唆している

行き過ぎた、偏った指導では選手は疲弊するだろう

人間味あふれた人生を語れるコーチは少ない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする