毎回リセットされる辛さを一歩一歩、努力の積み重ねで踏み越える

君島 健二の言葉から学ぶ、朝礼スピーチのネタを紹介します。

努力の成果なんて目には見えない。
しかし、紙一重の薄さも
重なれば本の厚さになる

君島 健二
マラソン選手
メキシコオリンピック銀メダリスト

Sponsored Link


努力について語る著名人は多い
偉大な先人からのそういった言葉は、そうだよね!と思うことも実際に多い。

大きな功績を残した先人達は、成功した後に
「そういわれて思い出してみれば・・・」
「努力が大事だ」「私は人より努力した」
といった回顧談が多いのではないだろうか?

現在進行形で、もがき苦しみ、
成長前夜の暗闇を走り続ける人にとって
その毎日の行動は努力とは思っていないだろう。

あくまで通り抜けた後で“努力”だったと気付かされるものである

しかし一方、マラソン選手、君島 健二が語る
努力と継続することは、意味合いが若干違ってくるように思われる

日々の努力によってスピードや持久力などマラソン競技をする上での
基本的なスペックはあるとしたうえで

毎回、競技のたび、42.195キロという長い道のりのスタート地点に立たされる
そして一歩一歩、自らの足で引き寄せ、手繰り寄せてくること以外に
その距離を縮めることができないのは、マラソン選手の宿命であろう

毎回リセットされるスタート地点において
一歩の積み重ね以上に大切なことはないのであろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする