たった一言をきっかけに、穏やかだった夕食が一触即発の危機!その言葉とは?

マツキヨの社訓にこんなものがあります。

良いところが発見でき
誉めが言える人となれ
足の裏でも良ければ誉めよ

小林製薬は経営陣から社員に向けた「ほめほめメール」というものがあるようです。


昔から誉められて伸びるタイプ
・・・・なんてのがありますが、
誉められて悪い気がする人はいません。

企業では良い意味で部下をノセてくれる上司は
下で働いていても楽しいものですね。

ただし、誉める対象が重要です

  • 個人のこだわりの部分
  • 苦労して成功した点
  • などをうまく突いて、誉めてあげれば効率的です。
    これを間違えてしまっては元も子もない。

    以下は、失敗事例です———

    ある家庭の夕食時、
    奥さんは久々に家にいる旦那さんのために
    料理の腕を振るいます。

    小洒落た料理をつまみにビールを飲み始めた旦那さん・・・

    カマンベールチーズに生ハムが巻いてあるつまみを一口ほおばる
    と、ついうっかり口走ってしまいます。

    「この生ハムおいしいね!」

    猛烈に怒る奥様。

    この後、険悪な雰囲気の夕食になったそうです。

    もっと手をかけた料理が沢山あったのに・・・
    買ってきて巻いただけの生ハムを誉められたのがよっぽど悔しかったんでしょう。

    一生懸命やったればこそ腹も立ちます。
    誉めることはモチベーション向上のために重要です。

    でも誉める対象を十分に見定めることも
    それ以上に重要なのです。

    みなさんも思い当たることありませんか?

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする