松下幸之助が語る、幸せ相対性理論!今が辛いのは過去が楽だったから。

著名人の言葉から明日の朝礼スピーチのネタを考える

本日はパナソニックを創業した、経営の神様、松下幸之助の言葉
なんだかんだで中小企業の社長にも崇拝している人がいる・・
朝礼でも、松下幸之助の話をしておけば無難ではある!

今つらいのは過去が楽だったから、
過去がつらいと今が楽である。
(松下電工創業者・松下幸之助)

辛い・楽(らく)
楽しい・悲しい
幸せ・不幸

なんでも、相対的なものです。
隣りの芝は青く見えるといいますが、
自分の家に芝生がない事には
隣りの芝も青くは見えません。



今を辛く思える人は、そう思える楽な過去を持った人。
今が楽な人は過去につらい経験が肥やしになっているのですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする