駅から遠いほうが健康に良い?デメリットは置き換えよう!

タウリン1000ミリグラム配合!

ご存知、大正製薬のリポビタンDのテレビCMで繰り返されるフレーズです。

単なる1グラム、とは言わず、1000ミリグラム。と、言い換えることで、含有量の多さを消費者に刷り込んでいます。

たしかに「タウリン1グラム配合!」
と、やられても、インパクトが薄い。

上記は単位の置き換え効果を狙った宣伝手法です。

消費カロリーに置き換えろ

先日新聞の折り込み広告に入っていた、ある不動産会社の広告チラシです

チラシには各物件の駅からの所要時間が消費カロリーで表示されています

消費カロリー50キロカロリー(ヤクルト約1本分です)

消費カロリー171キロカロリー(カップケーキ約1個分です)

50キロカロリーは駅徒歩5分
171キロカロリーは駅徒歩17分

徒歩○○分を消費カロリーに置き換えているのですね

世の中の健康志向をポジティブに捕らえた、うまい置き換えだと感心しました


駅徒歩17分はただ遠いイメージですが、
カップケーキ1個分の消費カロリーといわれると、
毎日運動になって健康的な印象に代わります。

着眼点とすこし代える

すこし斜めからみてみると

今まで見えなかったことに気づきが発見できるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする