200円と500円どちらが得か?コインパーキング、タイムズの値上げできる仕組みづくり!

コインパーキングの会社で「タイムズ(Times)」をご存知だろうか?
目立つ黄色い看板のコインパーキングである。

この会社のサービスで朝礼のスピーチに使えるネタがあったのでご紹介!

先日、「タイムズクラブ」に入会した。

入会料・手数料など一切かからず、メーンバーズカードが作れる
「タイムズ」の駐車場に駐車するたび、精算機にそのカードを挿入するだけ。

支払った金額に応じてポイントが溜まっていって、
一定量たまると「PSP(ゲーム機)」などの商品と交換できる。

私は営業車で移動することが多く
コインパーキングは頻繁に利用します。

その場で駐車料金を支払うのは営業パーソンですが、
その後営業パーソンは会社に帰って精算し、現金化する。
(実質的に駐車料金を支払うのは会社です。)

どこのコインパーキングに駐車するかは、
特別な提携先などがある場合を除いて、個々の営業パーソンに委ねられていて
駐車したときのポイントは営業パーソンが自分のものにできる

これでは営業マンは多少高くても「タイムズ」のコインパーキングに駐車します。
他の駐車場は選ばない!


さらに一歩進めると、
「タイムズ」の駐車場が二つ並んでいたとして

・一時間 200円
・一時間 500円

私だったら500円の方に停める・・・。

なぜなら
そのほうがポイントが2.5倍多く溜まるから・・・・。

しかも、駐車料金は会社が払ってくれる・・・・。
会社の経理担当はその場所に200円と500円の駐車場があることは知りません
たとえ知っていたとしても「200円の駐車場がいっぱいだったから・・」といえば良いだけ!

世の中の仕組みと人の心理をうまく利用しています!

まさに、値上げに勝てるサービス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする