本田宗一郎の失敗しない成功法則。成功への道のりにロードマップは無い

著名人の言葉から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介 失敗というのは、自分が失敗だと認めてやめたときが失敗なのだ。 失敗することによって経験をつんで、より新しいことができる。 それは失敗ではなくて成功へのプロセスだ。 成 …

ジョブズ亡き後のアップル社はパックの行く先に滑ることができるのか?

著名人の言葉から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介 パックがあった場所ではなく パックが行く先へ滑るようにしている ウェイン・グレツキー 史上最高のホッケー選手といわれる アップルの最高経営責任者(CEO)であった 故 …

無名兵士の祈り。最も豊かに祝福された名も知らぬ兵士の詩。

朝礼のスピーチでネタとして使える、元気をくれる言葉。心の支えになる言葉であって欲しいと願います。 大きなことを成し遂げるために力が欲しいと神に求めたのに、謙遜を学ぶようにと弱さを授かった より偉大なことが出来るように健康 …

まずは自分の周囲を照らす一隅の灯となれ!やがて大きなあかりとなる。

著名人の言葉から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介 一隅の灯(いちぐうのひ) 天台宗の開祖・最澄(さいちょう)の言葉 自分自身のいる場所(家庭や職場)で黙々と努力し、 たとえ小さな灯であっても世間の一隅を照らすものこそ …

株を守りてウサギを待つ?切り株は多いほど良くないですか?

各国、各地のことわざなどに ビジネスの視点からスポットライトをあて、朝礼のネタとして使ってみよう! 株を守りてウサギを待つ 日本の童謡・ことわざ 一度、切り株につまずいた、うさぎが獲れたからといって、 以降切り株を見守る …

風邪ひいたら上司に怒られた?注意を怠ったから叱ってるんだよ!

著名人の言葉から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介 予防は治療にまさる 15世紀中期の哲学者エラスムスの言葉 足が痛いだけでは人はなかなか病院に行かないもの、 後になると予想外に事態を悪化させることが多い。 リスクを予 …

職場でもない!家庭とも違う!第3の場所を創る・・スターバックスの理念

気になるあの会社の社是から、朝礼のためになるスピーチネタを紹介 夢について熱く語るのは 恥ずかしいと思うマネージャーがいるが 他人を巻き込み 動かすのは 情熱であり 感動であるのだ ハワード・シュルツ (スターバックスコ …

たった一言をきっかけに、穏やかだった夕食が一触即発の危機!その言葉とは?

マツキヨの社訓にこんなものがあります。 良いところが発見でき誉めが言える人となれ足の裏でも良ければ誉めよ 小林製薬は経営陣から社員に向けた「ほめほめメール」というものがあるようです。 昔から誉められて伸びるタイプ ・・・ …

監督、落合博満、3つの指導の柱

日常の出来事やニュースなどから、朝礼スピーチのネタを紹介しています。 中日ドラゴンズを2004~2011年、通算8年監督として率い、 その間、1位:4回、2位:3回、3位:1回(Bクラスなし)と名実ともに名将といえる、 …

イチローが打ちたい球はピッチャーが投げない

米メジャーリーガー「イチローの言葉」から 朝礼で使えるスピーチネタを拾い上げる 自分が全く予想しない球が来たときに、どう対応するか。 それが大事です。 試合では打ちたい球は来ない。 好きな球を待っていたのでは終わってしま …